2017年「スーパー2&4レース」オートポリス 日曜日

2017年9月にオートポリスで催された「スーパー2&4レース」の2日目(日曜日)をご紹介します。

※前日(土曜日)の記事はこちらです。

4輪と2輪の国内トップカテゴリーを同時に味わえる魅力的なイベントです。

この日は、

■全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦 決勝レース

■MFJ全日本ロードレース選手権(JSB1000) 第7戦 決勝レース

■全日本F3選手権 第18戦 決勝レース

が行われました。

今回も写真多めで恐れ入りますが、ぜひ最後までご覧ください。

本日の記録

「JSB1000」のウォームアップ走行から一日が始まります。

JSB1000 #94 Team KAGAYAMA 浦本修充さんです。

昨年(2016年)の「J-GP2」チャンピオンです。

JSB1000 #39 Team Motorrad39 酒井大作さんです。

JSB1000 #23 Kawasaki Team GREEN 渡辺一馬さんです。


次に「スーパーフォーミュラ」のフリー走行が始まります。

スーパーフォーミュラ #40 DOCOMO DANDELION M40S SF14 野尻智紀さんです。

スーパーフォーミュラ #2 P.MU/CERUMO・INGING SF14 石浦宏明さんです。

スーパーフォーミュラ #16 TEAM MUGEN SF14 山本尚貴さんです。

スーパーフォーミュラ #50 B-Max Racing team SF14 小暮卓史さんです。

スーパーフォーミュラ #64 TCS NAKAJIMA RACING SF14 中嶋大祐さんです。

スーパーフォーミュラ #4 FUJI×raffinee KONDO SF14 山下健太さんです。

スーパーフォーミュラ #15 TEAM MUGEN SF14 ピエール・ガスリーさんです。


本日最初の決勝レース「JSB1000」第7戦(19周)が始まります。

35台の車両がスターティンググリッドに並びます。

スタートしました。

#23 渡辺一馬さん、#634 高橋巧さん、#1 中須賀克行さんの順で1コーナーへ進入します。

1周を終え2周目の1コーナーへのアプローチです。

#634 高橋巧さんと#1 中須賀克行さんが#23 渡辺一馬さんの前に出ています。


今で言う「さよりんブリッジ」付近に移動します。

JSB1000 #47 Webike チームノリックヤマハ 上和田拓海さんです。第7戦 決勝レースは19位でした。

JSB1000 #16 TONE RT SYNCEDGE 4413 児玉勇太さんです。第7戦 決勝レースは25位でした。

JSB1000 #9 YAMALUBE RACING TEAM 藤田拓哉さんです。第7戦 決勝レースは5位でした。

JSB1000 #29 Honda熊本レーシング 小島一浩さんです。第7戦 決勝レースは12周でリタイアされました。

JSB1000 #71 Team KAGAYAMA 加賀山就臣さんです。第7戦 決勝レースは11位でした。

JSB1000 #13 オートテクニックスポーツPGR 中津原尚宏さんです。第7戦 決勝レースは23位でした。

JSB1000 #12 ヨシムラスズキMOTUL 津田拓也さんです。第7戦 決勝レースは3位に入賞されました。

JSB1000 #88 MORIWAKI MOTUL RACING 清成龍一さんです。第7戦 決勝レースは12位でした。

JSB1000 #41 H.L.O RACING 樋口耕太さんです。第7戦 決勝レースは28位でした。

JSB1000 #87 Kawasaki Team GREEN 柳川明さんです。第7戦 決勝レースは9位でした。

JSB1000 #28 Honda熊本レーシング 吉田光弘さんです。第7戦 決勝レースは21位でした。

JSB1000 #1 YAMAHA FACTORY RACING TEAM 中須賀克行さんです。第7戦 決勝レースは見事に優勝されました!

JSB1000 #104 TOHO Racing 山口辰也さんです。第7戦 決勝レースは6位でした。

JSB1000 #18 JOYNET GBSレーシングYAMAHA 近藤湧也さんです。第7戦 決勝レースは13位でした。

2019年3月13日に岡山国際サーキットでのテスト中に転倒し、享年26歳でお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りします。

JSB1000 #70 豊後なしかレーシング倶楽部 清末尚樹さんです。最年少18歳でのエントリーで、第7戦 決勝レースは22位でした。

JSB1000 #87 Kawasaki Team GREEN 柳川明さんです。第7戦 決勝レースは9位でした。

JSB1000 #090 au&テルル・Kohara RT 秋吉耕佑さんです。第7戦 決勝レースは15位でした。

JSB1000 #32 MotoMap SUPPLY FA 今野由寛さんです。第7戦 決勝レースは17位でした。

JSB1000 #47 Webike チームノリックヤマハ 上和田拓海さんです。第7戦 決勝レースは19位でした。

JSB1000 #080 UQ&テルル・Kohara RT 渥美心さんです。第7戦 決勝レースは20位でした。

JSB1000 #70 豊後なしかレーシング倶楽部 清末尚樹さんです。第7戦 決勝レースは22位でした。

決勝レースの結果は以下のとおりでした。

優勝#1YAMAHA FACTORY RACING TEAM中須賀克行さん
2位#634MuSASHi RT HARC-PRO. Honda高橋巧さん
3位#12ヨシムラスズキMOTUL津田拓也さん
JSB1000 第7戦 決勝レース順位

おめでとうございます!


ピットウォークの時間になりました。

YOKOHAMA promotional modelsさんです。

VANTELIN TEAM TOM’Sのレースクイーンさんです。

JSB1000 #85 HiTMAN RC甲子園ヤマハ 中冨伸一さんです。

なぜか手の甲にTCS NAKAJIMA RACINGのステッカーが貼られています。

JSB1000 #634 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda 高橋巧さんの車両です。

ヤマハレーシングレディさんです。

イベント広場ではKawasaki Team GREENによるトークショーが行われていました。

左から松﨑克哉さん、柳川明さん、渡辺一馬さんです。


午後になり「スーパーフォーミュラ」第5戦 決勝レース(54周)が始まります。

フォーメーションラップが開始されます。

54周先のゴールに向けて19台がスタートしました。

なお、本レースはミディアムタイヤとソフトタイヤ両方の使用が義務付けられています。

直後の1コーナーで数台が巻き込まれるアクシデントが発生し、#36 VANTELIN KOWA TOM’S SF14 アンドレ・ロッテラーさんはリタイアしました。

1周を終え2周目に入ります。先行する#40 野尻智紀さんと#15 ピエール・ガスリーさんの2台を#1 国本雄資さんが追っています。

後方では#50 B-Max Racing team SF14 小暮卓史さんがタイヤ交換の為、ピットに向かっています。

スーパーフォーミュラ #64 TCS NAKAJIMA RACING SF14 中嶋大祐さんです。第5戦 決勝レースは11位でした。

スーパーフォーミュラ #18 KCMG Elyse SF14 小林可夢偉さんです。第5戦 決勝レースは7位でした。


ファイナルコーナー・スタンドに移動します。

スーパーフォーミュラ #10 REAL SF14 塚越広大さんです。第5戦 決勝レースは9位でした。

スーパーフォーミュラ #64 TCS NAKAJIMA RACING SF14 中嶋大祐さんです。第5戦 決勝レースは11位でした。

スーパーフォーミュラ #15 TEAM MUGEN SF14 ピエール・ガスリーさんです。第5戦 決勝レースは優勝されました!

スーパーフォーミュラ #1 P.MU/CERUMO・INGING SF14 国本雄資さんです。第5戦 決勝レースは5位でした。

スーパーフォーミュラ #16 TEAM MUGEN SF14 山本尚貴さんです。第5戦 決勝レースは38周でリタイアされました。

スーパーフォーミュラ #4 FUJI×raffinee KONDO SF14 山下健太さんです。第5戦 決勝レースは13位でした。

スーパーフォーミュラ #8 SUNOCO TEAM LEMANS SF14 大嶋和也さんです。第5戦 決勝レースは3位に入賞されました。

スーパーフォーミュラ #19 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14 関口雄飛さんです。第5戦 決勝レースは10位でした。

スーパーフォーミュラ #64 TCS NAKAJIMA RACING SF14 中嶋大祐さんです。第5戦 決勝レースは11位でした。

スーパーフォーミュラ #15 TEAM MUGEN SF14 ピエール・ガスリーさんです。第5戦 決勝レースは優勝されました!


今で言う「さよりんブリッジ」付近に移動します。

スーパーフォーミュラ #40 DOCOMO DANDELION M40S SF14 野尻智紀さんです。第5戦 決勝レースは14位でした。

スーパーフォーミュラ #15 TEAM MUGEN SF14 ピエール・ガスリーさんです。第5戦 決勝レースは優勝されました!

スーパーフォーミュラ #18 KCMG Elyse SF14 小林可夢偉さんです。第5戦 決勝レースは7位でした。

スーパーフォーミュラ #2 P.MU/CERUMO・INGING SF14 石浦宏明さんです。第5戦 決勝レースは4位でした。

決勝レースの結果は以下のとおりでした。

優勝#15TEAM MUGEN SF14ピエール・ガスリーさん
2位#7SUNOCO TEAM LEMANS SF14フェリックス・ローゼンクヴィストさん
3位#8SUNOCO TEAM LEMANS SF14大嶋和也さん
スーパーフォーミュラ 第5戦 決勝レース順位

おめでとうございます!


本日最後の決勝レース「F3」第18戦(21周)が始まります。

フォーメーションラップが開始されます。

21周先のゴールに向けて18台がスタートしました。

1周を終え2周目に入ります。カローラ中京 Kuo TEAM TOM’Sの2台が先行しています。

F3 Nクラス #13 B-Max Racing F306 吉田基良さんです。第18戦 決勝レースはNクラスの5位でした。

F3 #7 HFDP RACING F316 阪口晴南さんです。第18戦 決勝レースは6位でした。

F3 #3 EXEDY B-Max F317 三浦愛さんです。第18戦 決勝レースは8位でした。

F3 Nクラス #55 Planex スマカメ・F308 元嶋佑弥さんです。第18戦 決勝レースはNクラスの1位でした。

F3 #36 カローラ中京 Kuo TOM’S F314 宮田莉朋さんです。第18戦 決勝レースは2位に入賞されました。

F3 #12 THREEBOND アレックス・パロウさんです。第18戦 決勝レースは4位でした。

F3 #21 AlbirexRT-WILSON ブルーノ・カルネイロさんです。第18戦 決勝レースは7位でした。

F3 Nクラス #5 HuaJiangHU F3 アレックス・ヤンさんです。第18戦 決勝レースはNクラスの4位でした。

F3 #28 タイロクレーシング28号 山口大陸さんです。第18戦 決勝レースは10位でした。

F3 #2 TODA FIGHTEX 大津弘樹さんです。第18戦 決勝レースは5位でした。

決勝レースの結果は以下のとおりでした。

優勝#1カローラ中京 Kuo TOM’S F317坪井翔さん
2位#36カローラ中京 Kuo TOM’S F314宮田莉朋さん
3位#23B-Max NDDP F3高星明誠さん
Nクラス 1位#55Planex スマカメ・F308元嶋佑弥さん
F3 第18戦 決勝レース順位

おめでとうございます!

これにて昨日から2日間の走行の全てが終了しました。お疲れ様でした。

本日のまとめ

雨や霧に泣かされる事が多いオートポリスですが、この2日間は好天に恵まれたレース日和でした。

4輪のトップカテゴリーである「スーパーフォーミュラ」とトップフォーミュラを目指す若手の登竜門である「F3」、更に2輪のトップカテゴリーである「JSB1000」を同時に楽しめ、ドライバーとライダーも国内トップの顔ぶれが一堂に会した大会を堪能しました。

「スーパーフォーミュラ」に参戦したピエール・ガスリーさんは前戦(第4戦 ツインリンクもてぎ)に続いて連勝し、その活躍が認められて2018年を待たずにマレーシアGP(決勝レース開催日10月1日)でトロロッソからF1デビューしています。

レース観戦はTVで十分と思われている方も、先ずは「スーパー2&4レース」に足を運んでみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。