全国を巡る旅 第2弾 9日目:美ヶ原高原~霧ヶ峰高原~白樺湖、女神湖、蓼科湖

2019年9月19日(木):2ヶ月半に及ぶ長旅の9日目です。

美ヶ原高原~霧ヶ峰高原、白樺湖、女神湖、蓼科湖をビーナスラインに沿って巡りました。

本日の移動ルート

走行距離:190キロ

本日の旅の記録

昨晩は日本一高い位置にある道の駅「美ヶ原高原」標高2,000mで車中泊しました。

もの凄い濃霧でトイレまで歩けない程でした。

それと2,000mの高地での車中泊は9月と言えども防寒対策が必要です。

朝になり霧は幾分薄らぎましたが、こんな感じで20m先が見えません。

このままではドコにも移動できない為、一日を台無しにしそうな不安でいっぱいです。

10時前になって、やっと晴れて来ました。

霧が去って全貌が露わになります。

いい所ですね。休日はこの広い駐車場がほぼ満車になるそうです。

下界は雲海に覆われていますので、未だ暫くは美ヶ原高原に留まります。

道の駅「美ヶ原高原」の遠景です。美ヶ原高原美術館が併設されています。

山本小屋 ふる里館の駐車場にクルマを置いて、パノラマコースを散策します。

美ヶ原高原ホテル 山本小屋には可愛らしいポニーが居て、ポニー用にんじんが100円で売られています。

美ヶ原高原のシンボル「美しの塔」です。

霧鐘を備えた避難塔として1954年に建てられたそうです。

王ヶ頭(2,034m)の電波塔と美ヶ原高原 王ヶ頭ホテルが見えます。

機会があれば、このホテルに宿泊し満天の星を仰ぎ見たいものです。

美ヶ原牧場のなだらかな丘にたくさんの牛が寝そべっています。

長閑で癒される景色です。

王ヶ頭やその先の王ヶ鼻まで歩けば、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、乗鞍岳、御嶽山など、見渡す限りの大パノラマが拝めたようですが、ちょっと時間が掛かりそうなので引き返します。

ポニーの先に見える富士山のような頂は、蓼科山(2,531m)でしょうか。


続いて霧ヶ峰高原へ向かいます。

ドライブイン「霧の駅」にクルマを置いて、霧ヶ峰高原を散策します。

グライダー滑走路の先に、八ヶ岳連峰と右側の雲の上に富士山の頂が見えます。

ウインターシーズンは霧ケ峰スキー場のリフトとして、7月上旬〜8月下旬は夏山リフトとして稼働しているそうです。

霧ヶ峰高原のシンボル「霧鐘塔」です。

霧ヶ峰グライダーふれあい館」です。

無人の施設ですが、ミニシアターで3本の映像作品が見れる為、グライダーの勉強になりますよ。

日本のグライダー発祥の地である霧ヶ峰高原でグライダーが飛んだのは昭和8年7月だそうです。

この青く塗られたモニュメントの元の姿は「シャイべSF25Cファルケ」と言うドイツ製のモーターグライダーのようです。

正面が八ヶ岳連峰の最高峰である赤岳(2,899m)でしょうか。


白樺湖に向けてビーナスラインを走っていると、「車山気象レーダー観測所」を見掛けました。

車山(1,925m)の山頂までは、スカイライナーとスカイパノラマと言う2本のリフトを乗り継いで上がれるそうです。


今日の昼食は白樺湖観光センターの展望白樺食堂です。

きのこうどん 500円を頂きました。安いし、たいへん美味しゅうございました。

白樺湖(湖面標高1,416m)と蓼科山です。

白樺湖は農業用溜池として造られた人工湖だそうです。

周囲は約3.8kmでゴムチップを敷いたランニングコース「白樺ぐるりん」が整備されています。


続いて女神湖に向かいます。

女神湖(湖面標高1,540m)です。女神湖も農業用溜池として造られた人工湖だそうです。

周囲は約1.5kmで気持ち良く散策できます。

女神湖センター」(右に見える施設)で近くのガソリンスタンドを教えて欲しいと相談したら、「この辺は観光地なので高いから」と割引券をもらいました。

まるで女神のようです。有難うございました!


次は蓼科湖に向かいます。

蓼科湖に隣接する「蓼科高原芸術の森 彫刻公園」です。

長崎市の平和記念像を手掛けた北村西望さんの作品など、約70点を展示している野外美術館です。

リゾートホテル蓼科の敷地内に併設されており、入場は無料です。

蓼科湖(湖面標高1,250m)です。蓼科湖も農業用溜池として造られた人工湖だそうです。

ちょっと雲が多くて夕焼けは冴えませんでした。

周囲は約1kmでカラマツや白樺に囲まれています。ここでも遊歩道を気持ち良く散策しました。


この後は道の駅「信州蔦木宿」で休憩を取りつつ、甲府を経由して23時半頃に道の駅「富士吉田」まで辿り着いて車中泊となりました。

本日のまとめ

たいへん想い出深い一日になりました。

美ヶ原では早朝の濃霧を経験し、澄み渡った後はビーナスラインの道中、ずっと高原の清々しい風を感じながら過ごしました。

明日は富士五湖など富士山麓の山梨県側を巡ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。