全国を巡る旅 第2弾 17日目:枝折峠~新潟市内

2019年9月27日(金):2ヶ月半に及ぶ長旅の17日目です。

本日は早朝から枝折峠で滝雲を眺めた後、午後は新潟市に向かい関屋浜から眺める美しい夕陽に癒されました。

本日の移動ルート

走行距離:163キロ

本日の旅の記録

昨晩は枝折峠に最寄りの道の駅「ゆのたに 深雪の里」で車中泊しました。

5時47分の枝折峠です。標高1,065mの枝折峠駐車場から越後駒ヶ岳への登山道を暫く歩いて上がったポイントになります。

快晴の朝焼けと奥只見湖に発生した雲海がキレイです。

滝雲が流れ始めました。

6時半まで粘りましたが、残念ながら滝雲の量は増えませんでした。

その日のコンディション次第で必ず見れるとも限らないようなので、運が良かったと思う事にします。

枝折峠の場所

枝折峠の場所はココです。小さくて見えませんね。

枝折峠から魚沼に戻る途中の風景です。

正面の山は越後駒ヶ岳2,003mでしょうか。違ってたらゴメンなさい。

道の駅「ゆのたに 深雪の里」

道の駅「ゆのたに 深雪の里」に戻って休憩しました。雲一つない青空です。

今日のランチです。美味しゅうございました。

見附市今町にあるレストハウス道草で頂きました。

長旅におけるトラブル予防保全の為、通りすがりの新潟ダイハツモータース今町店に寄ってオイル交換をお願いしました。

九州から自走して来た客を受け入れるのは初めてだったかも知れません。

ここで対応いただいた方にランチが安くて美味しい店を尋ねたところ、徒歩数分のレストハウス道草を教えてもらいました。


ここから先は特に予定も無い為、海に出て夕陽を眺める事にします。

海を見るのは9月17日の富山以来で10日振りです。

新潟市の関屋浜海水浴場です。

海の家が19軒も並んでいます。新潟では海の家を浜茶屋と言うそうです。

また、38万本・5kmにおよぶ黒松林が隣接しています。

日本海の美しい夕陽です。

シーズンオフで閉ざされた海の家が夕陽に照らされ、なにか寂寥たる雰囲気を醸しています。

未だ9月ですが日没間近の17時18分です。私が暮らす九州と比べると日暮れが早いですね。

この後は道の駅「新潟ふるさと村」で車中泊しました。

本日のまとめ

今朝も早起きして山に上がりました。

初めての滝雲に期待しましたが、絶好の条件とはならずイマイチでした。おそらく時期も早かったのでしょう。

午後は愛車のオイル交換を待ってる間に昼食を済ませ、その後は海に出て夕陽を眺めて過ごした一日でした。

明日はいよいよ本州を離れ北海道へ向かいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。