全国を巡る旅 第2弾 64日目:エアーパーク(航空自衛隊 浜松広報館)~浜名湖ガーデンパーク~伊良湖岬

2019年11月13日(水):2ヶ月半に及ぶ長旅の64日目です。

エアーパーク(航空自衛隊 浜松広報館)を見学した後、浜名湖ガーデンパークに立ち寄り、伊良湖岬まで足を延ばしました。

本日の移動ルート

走行距離:201キロ

本日の旅の記録

昨晩は道の駅「風のマルシェ御前崎」で車中泊しました。


先ずはエアーパーク(航空自衛隊 浜松広報館)を訪ねます。

建物正面に展示されている初代ブルーインパルスのF-86F「セイバー」が出迎えてくれます。

実は2011年3月に一度訪れているのですが、その時は16時を過ぎていた為、閉館していました。

屋外展示されている航空自衛隊の最初の輸送機C-46「コマンドー」です。

中庭に展示されている戦闘機F-104J「スターファイター」です。

無人標的機UF-104Jに改修された後の機体だそうです。

隣接する浜松基地の早期警戒管制機E-767が見えます。

ボーイング767をベースに警戒管制システムが搭載されています。

航空機に搭載する武器も展示されています。

80式空対艦誘導弾「ASM-1」です。

退役した数多くの機体が展示されています。

並列複座の二人乗り練習機「バンパイア・トレーナー」です。

ブルーインパルス仕様T-2の操縦席です。

その操縦席に座らせてもらいました。

航空自衛隊のグッズや浜松のお土産を販売しているミュージアムショップ「ツバサ」です。

次期支援戦闘機XF-2のモックアップです。

裸になった支援戦闘機F-1を観察できます。

壁に飾られたレリーフがいい感じです。


次は浜名湖ガーデンパークに寄ってみます。

園内にある食事処「のたね」で釜揚げしらす丼 850円を頂きました。たいへん美味しゅうございました。

高さ50mの展望塔です。

平成16年(2004年)の浜名湖花博のシンボルタワーとして建設された当時は「きらめきタワー」と呼ばれたそうです。

展望室からの眺望です。曇天が残念です・・・。

個人的に気になった植物を幾つか載せます。

パンパスグラス(和名はシロガネヨシ)です。

南アメリカ原産のススキに似たイネ科の多年草で、羽毛の様に伸びて開花する穂は50~70㎝にもなります。

「珍種のバンブー」と書かれていました。何が珍種なのかは不明です。

バンブーとは熱帯性の竹の仲間を指すらしく、日本の竹と違って密生して生えるそうです。

サルビア・レウカンサ(別名アメジストセージ)です。

中央アメリカ原産のシソ科アキギリ属(サルビア属)で秋咲きのサルビアとして人気が高いそうです。

ラクウショウ(落羽松)やメタセコイア(曙杉)が色付いていました。

落葉針葉樹で、松ではなく杉の仲間だそうです。

国際庭園エリアにはイギリスやイタリア、中国、韓国などの伝統的な庭園様式が再現されています。


続いて渥美半島の突端に位置する伊良湖岬(恋路ヶ浜)に向かいます。

これは渥美豊橋サイクリングロードの案内板ですが、長さが45.5kmと書かれています。

渥美半島って突端から根元まで50キロ近くあるんですね。

「名も知らぬ遠き島より流れよる椰子の実ひとつ…」で始まる、明治31年(1898年)の柳田國男の経験を島崎藤村が執筆した詩の舞台だそうです。

その後、昭和になってから作曲されて誰もが知る名曲になっています。

南洋諸島から黒潮に乗った椰子の実が流れ着く所って事です。

タカやアサギマダラの渡りの中継地だそうです。

蝶が海を越えて1,000キロ以上も旅するってロマンを感じます。

夕暮れに沖を行く大きな船のシルエットがいい感じです。

日本の灯台50選に選ばれている伊良湖岬灯台です。

昭和4年(1929年)に設置された当初はアセチレンガスを使って点灯し、昭和35年(1960年)に電化されたそうです。

今日もまた、「恋人の聖地」でオジサン一人で黄昏てしまいました。

駐車場に戻ると高台にあるホテルが夕日に照らされて輝いていました。

あそこに泊まって夕焼けと灯台の灯りと翌朝の日の出を拝みたいものです。貧乏旅行の私には無理ですが・・・。


晩飯は、はなまるうどん イオンタウン豊橋橋良店で半額温玉ぶっかけ(中)+野菜かき揚げ+いか天 489円にしました。

ワンコインでお釣りがくる安さですが、美味しゅうございました。


この後は愛知県岡崎市にある道の駅「藤川宿」で車中泊しました。

本日のまとめ

午前中は2011年3月に訪れた際に入れなかったエアーパーク(航空自衛隊 浜松広報館)をリターンマッチで見学しました。

展示内容がとても充実しており、航空自衛隊の広報施設としては随一と思います。

午後は浜名湖ガーデンパークで湖畔の自然と草花を観察して過ごしました。

展望塔は有料でしたが入園料も駐車料金も掛からない広大な植物園と言った所で、浜松市民にとって憩いの公園なのでしょう。

夕方に訪れた伊良湖岬(恋路ヶ浜)では、昨日の御前崎と同様に美しい夕暮れを堪能しました。

明日は桶狭間古戦場公園~熱田神宮~名古屋城~徳川園を訪ねます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。