全国を巡る旅 第2弾 70日目:姫路城~倉敷・美観地区

2019年11月19日(火):2ヶ月半に及ぶ長旅の70日目です。

世界文化遺産である姫路城を訪ねた後、岡山県倉敷市の美観地区を巡りました。

本日の移動ルート

走行距離:271キロ

本日の旅の記録

昨晩は兵庫県三木市にある道の駅「みき」で車中泊しました。


先ずは白漆喰で塗られた城壁の美しさから別名「白鷺城」と呼ばれる姫路城を訪ねます。

平成5年(1993年)に日本初の世界文化遺産として登録されています。

広大な城で驚きました。

内曲輪内の面積は23ha(230,000㎡)、外曲輪内の面積は233ha(2,330,000㎡)もあるそうです。

この天守閣は慶長14年(1609年)に建築されたそうです。

改修が施され400年以上経った今も現存しています。

天守閣の高さは海抜92mもあるそうです。

いや~、なんと雄大で美しい!

これぞ日本一の名城でしょう!!

令和元年11⽉9⽇(⼟)〜30⽇(⼟)の期間で姫路城ナイトファンタジア「おとぎ幻影伝」と言うイベントが行われていました。

映像と光で演出されたナイトウォークとの事です。

夜間にプロジェクションマッピングで彩られた姫路城はどうだったでしょうか。


昼食は高田の馬場 お城前店で姫路おでん定食 950円を頂きました。美味しゅうございました。


姫路城の後は倉敷・美観地区を訪ねます。

倉敷の児島地区が国産ジーンズ発祥の地である為、美観地区に倉敷デニムストリートがあります。

白壁の土蔵と柳の並木がとてもいい雰囲気を醸しています。

土蔵造りの町並みが小江戸・川越にとても良く似ています。

私としては、ここ倉敷・美観地区の方が好きです。川越の皆さん、ゴメンなさい。


ほんの少し歩くと、明治時代の倉敷紡績所(現クラボウ)の発祥工場の跡を活かした複合観光施設「倉敷アイビースクエア」があります。

平成19年(2007年)に創業時の建物群が国の「近代化産業遺産」に認定されています。

赤煉瓦の外壁とそれを覆う紅葉した蔦(アイビー)が調和して、とても印象的でした。


この後は広島県東広島市まで移動し、道の駅「湖畔の里 福富」で車中泊しました。

本日のまとめ

姫路城は勿論、倉敷・美観地区も歴史的建造物が大切に保存されており、心を癒されました。

姫路も倉敷も新幹線で数え切れないほど通り過ぎており、ずっと気になっていました。

どちらも期待を裏切らない素晴らしい観光名所でした。

明日はいよいよ、2ヶ月半に及んだこの長旅の最終日です。

広島県の宮島と山口県の米軍岩国基地を訪ねます。

       ・

       ・

と2年以上経った今、この記事を書いていたら米軍岩国基地がニュースになっています。

新たに80人が新型コロナウイルスに感染したらしく、12月21日に基地関係者1人が確認されて以降、計95人になったそうです。

全国を巡る旅 第2弾 70日目:姫路城~倉敷・美観地区” に対して3件のコメントがあります。

  1. 細谷 より:

    え〜〜、尾道寄ってないの〜?笑

    姫路城はホントデカくて圧巻ですよね。
    姫路駅から真正面に見える姫路城も素晴らしいですよ。

    1. 管理人 より:

      細谷 さん、
      コメント有難うございます。

      尾道は2017年のゴールデンウィークに、しまなみ海道サイクリングの起点として寄りました。
      機会があれば記事にしたいのですが、一緒に行ったオジサンばかり撮って風景を撮ってないので難しいかな…。

      ところで、お城が好きなのですか?
      松本城のライトアップされた姿も良かったですよ。
      長野に行かれる際は是非寄ってみて下さい。

      今後とも宜しくお願い申し上げます。

      1. 細谷 より:

        お城、好きですけどコレクションしてるとかは無いです(笑)

        景色無くても良いんじゃ無いですか?それはそれで楽しいじゃないですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。