全国を巡る旅 第2弾 24日目:層雲峡

2019年10月4日(金):2ヶ月半に及ぶ長旅の24日目です。

この日は終日雨に降られた為、立ち寄った先は層雲峡のみでした。

本日の移動ルート

走行距離:186キロ

本日の旅の記録

昨晩は旭川市内のホテル「クレッセント旭川」に宿泊し、十日振りのホテル泊で熟睡しました。

バイキングの朝食です。腹いっぱい頂きました。

ホテルのロビーはハロウィンで飾られていました。

私のようなオジサンには馴染みが薄いイベントですが、世間では10月末に向けて盛り上がって行くのでしょう。


雨が降っていた為、目的地をドコにすべきか悩みましたが、層雲峡に寄ってみます。

旭川のホテルをチェックアウトしてから2時間半ほど掛かりました。一般道をのんびり走ったにしても掛かり過ぎですね。

距離的には70キロ足らずです。

日本一早いと言われる紅葉が、生憎の曇天で映えません。

黒岳ロープウェイとリフトは運休していました。標高1,984mの7合目(1,520m)まで約30分で登れるそうです。

雨の中、このマップの右寄りのみを2時間半ほど散策しました。

下から見上げた「銀河の滝」です。

溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)による柱状節理の崖を流れ落ちています。

少々きつい遊歩道を15分ほど登った双瀑台から眺めた景色です。

左が女滝と呼ばれる「銀河の滝」で、右が男滝と呼ばれる「流星の滝」です。併せて夫婦滝と呼ばれるそうです。


この後は、道の駅「もち米の里☆なよろ」まで移動し車中泊しました。

本日のまとめ

雨の層雲峡のみ訪ねて終えた一日でした。

好天に恵まれていれば、紅葉の彩りや双瀑台からの絶景もさぞ素晴らしかったと思います。

あっさりと味気ない記事になりました事、お許し願います・・・。

明日はオロロンラインを北上し、稚内を目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。